バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

8/24にプログラムの変更を行い、一時的に不具合が発生しました。未だ問題が有れば暫くお待ちいただくか、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

Milleto Li500 (Prozza)

エンジン/ミッション

リチウムイオン電池を搭載し、モーターも500Wになったニューモデル。

350Wの旧仕様から比べるとハッキリとパワフルになった。出だしのレスポンスはやや唐突に感じるほど。駐車場での試乗なので30km/hちょい位までしか出せていないが、その範囲で尚且つ平地であればパワー不足は感じなかった。比較で言うと、EC-03あたりと同等のパワー感だと思う。

Prozzaのスタッフによると、最高速は47km/hくらいだというからライバルよりやや低め。聞けばProzzaの製品は何と定格マジックを使っていないらしい!500Wなら本当に500Wが最大出力という律儀さ(Milletoに関してはスリムな車体に合わせてインホイールモーターも太くしたくないという事情もあるようだが)。それを考えるとこのパフォーマンスは素晴らしい。完全に低速重視のギア比というが、それで50km/h弱出るなら立派。

ハンドリング/乗り心地

ハンドリングは率直。鉛電池仕様のスクータタイプに有りがちな、寝かすときの重量感やセルフステアの不自然さがないので、タイトターンも苦にならない。またEC-03と同様にLIBパックがシート下に縦に置かれたレイアウトだが、EC-03で感じた高重心感/不安定さは無かった。コレは多分EC-03の場合、内蔵充電器がLIBの更に上に搭載されるからだと思う。あとホイルベースも若干短いかも。

ポジション/足つき/取り回し

電池切れのケースのシミュレーションとして、メインスイッチをOFFにしてペダルを漕いでみた。予想通りかなり重く、そのくせあまり進まない(つまりギア比が低いくせに重い)。これは車重が重いからというより、モーターを引きずってる(但し発電はしていない)ような気がする。また、普通の自転車と違ってシートとクランクの間隔が短すぎ、尚且つクランクもかなり短いので漕ぎにくいという点も大きいと思う。

スタッフによれば「電池が切れたら、漕ぐより押したほうが良い」とのことだが、僕もそう思った。じゃあペダルは要らないでしょと言ったら、外してしまうユーザーも多いそうだ。ただ、女性の中には自転車しか乗った事が無く、ステップボードよりペダルに足を乗せたほうがしっくり来る人がいるらしい。

総合評価

デザインに関しては市販電動スクータの中で最もオシャレで完成度が高いと思う。これはイタリアでデザインされたものと思っていたが、実はProzza社内のデザインだという。

ただ、LIB仕様から装着されるホイールは、まるでミキサーのブレードのような粗暴なデザインでエレガントなルックスに似合わない。実はこれ、他の電動スクータでもよく装着されているが、まさしく中華センス。旧モデルのホイールの方がまだ繊細でよかったが、Li500は速度域が上がったためより太いタイヤが必要だったという。当然、リムが太くなったリアのインホイールモータとのバランスもあるし。

LIBパックは取り外しタイプ。その後ろに若干のスペースがあり、コントローラがむき出しだがさほど熱くならないらしく小物入れにも使えるようだ。メインのラゲッジは標準仕様のパニアケースで、全体のデザインを崩さない形状とサイズ。ただ、これを付けたせいでキャリアが使えなくなったのは良いのか悪いのか?

LIB仕様で189,000円(今なら2万円もする充電器付き)という価格は、現行の市販車ではまだないと思う。ラゲッジが全くなく、25万とか30万円するEC-03やE-Let'sと比べたら断然お買い得だろう。

ただスペアバッテリーが7万円程するらしく、e-Let'sと変わらない。今後量産効果で安くしていきたいとスタッフは言っていた。

Milleto Li500 に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]