バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

Gradius 400 (suzuki)

エンジン/ミッション

何度乗ってもこのスイートかつスムーズなエンジンには惚れ惚れする。リッチなトルクがジュワッとあふれ出すような感覚。サウンドもガサツさが一切無く、ドリューーと上品に吹けあがる。

Vツインは直4に比べてドコドコ回ると言うのはステレオタイプ。このエンジンは並みの直4より遥かにスムーズで、振動/騒音に煩い僕でも5000rpm位でやっとノイズを感じるほど。これなら高速道路の移動も、尋常な速度で走ってる限りかなり楽そうだ。

かつて乗っていた初代SV400は、強力エンブレと唐突なレスポンスで非常にギクシャクしやすく、アクセルワークにとても神経を使ったが、グラディウスはこの欠点がほぼ完璧に無くなっている。ただ、少しだけ気になったのは、アクセルONから一瞬タイムラグがあった後に、ドッとトルクが出てくる点。どちらかというと低速で発生するのかな?

何れにせよ、パフォーマンス・フィーリング共に、僕が乗った中でベストエンジンの1つ。

ハンドリング/乗り心地

何時もながら、ハンドリングをちゃんとチェックできるような試乗コースでではないのが残念だが、基本的には安定志向できっちり体重をかけて曲がるタイプ。モタード系のヒラヒラタイプは無いし、ある意味CB400SFやGSR400など直4よりがっちり感がある。

「直4は安定、Vツインは軽快」というイメージがあるならこれもステレオタイプ。実はVツインのハンドリングは何故か安定志向になる。モンスター696なんて結構頑固な性格だったと思う。旧SV400はフロントサスの動きが渋く頑固に曲らないか(初期型)少し柔らかくすると今度は強力なセルフステアに悩まされる(中期以降?)という両極端な性格だった。

その点グラディウス400は、どこかに突っ張り感のようなものは無く、癖のあるVツインのハンドリングを上手くまとめたと思う。乗り心地も上々で、サスのストローク感はさほど無いが突き上げ感も無い。

ポジション/足つき/取り回し

ポジションは普段モタードの僕にとってはハンドルが遠くて狭い感じがするが、ネイキッドスポーツの中そしては標準的だと思う。膝の曲がりもきつくなく、割と楽なほうではないだろうか?

シートの見た目も座った感じもクッションがとても薄いようだが、何故か座り心地としては悪くない。ただ足つき性がさほど良いわけでもない。

スタイルは初代SVが曲線⇒2代目SV650は直線⇒グラディウスはまた曲線に戻っており、初代のイメージにかなり近い。しかし実際には、タンクはスリムかつ低くなっており、跨ると一回りコンパクトなバイクになったように感じる。

総合評価

カワサキもNinja400で追従し、400クラスが盛り上がるかと期待したが、結局このグラディウスの独壇場となっている。

250クラスは人気だが、何だかんだ言ってもパワー的に物足りない。600なら丁度良いが、諸経費を考えるとかなり割高。そこで「400が日本ではジャストサイズ」となる訳だが、個人的にパワーも車体も満足できるのは、今のところちゃんと作りこんでくるスズキだけ。

エンジンパフォーマンス、フィーリング、使い勝手そして価格。トータルバランスでこれ以上のバイクは見当たらないし、今後も出ないかもしれないと思えるバイク。

RSSフィードが正しく表示されない、ログインした状態でコメント出来ない等の不具合がありましたが、9/30に解消しました。未だ問題他にが有れば、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

Gradius 400 に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]