バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

8/24にプログラムの変更を行い、一時的に不具合が発生しました。未だ問題が有れば暫くお待ちいただくか、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

F800R (bmw)

イントロ

大阪MCショーで試乗したけど、もっとまともに走れるところで乗りたくて、ディーラーで試乗してきた。外車系のディーラーは太っ腹で、コースや時間の制限が殆ど無いので、市街地と六甲山系を1時間ほど走ってきた。

エンジン/ミッション

大阪MCショーのノロノロコースでもギクシャクしない柔軟性を見せる反面、幹線道路で普通に加速するととても伸びやかで快活なエンジンだった。これが360度クランク(慣性バランスはビックシングルと一緒)と後で知ってビックリ。

BMWのパラツインらしく、音質はカラカラ・ビービーと軽々しいが、それが不快ではないのは、フリクション感が少なく軽やかに回ることと、豊かな低速トルクと高いギア比によって低回転だけで走れてしまうからだと思う。

基本的にはF800GSとF700GSも同じエンジンだが、このF800Rが一番高回転/ハイパワーなチューニングになっているという。と言っても、2500rpmくらいからギクシャクせずに加速できる柔軟性があるし、逆にあまり高回転まで回してもガーガー言うだけで、あまり意味がないタイプだと思う。ギア比もまた、BMWらしくかなりハイギアドなので、低回転でポコポコ快適に走れるのが嬉しい。

ハンドリング/乗り心地

GS系よりはクイックなハンドリングのはずだが、それでも他社のネイキッドと比べたらBMWらしい安定志向。と言っても単に重々しいわけではなく、リーンは軽やかだけど旋回は穏やか(鈍い^^;)というタイプ。これは、軽めのエンジンに長めのホイールベースや、燃料タンクをシート下に配置し、車体重心が下かつ後ろに寄せたディメンジョンがそのまま現れた感じ。

ワインディングでは800ccクラスとしては非常に軽やかにリーンするが、曲がり方は緩慢というオフ車チックな特性。特にヘアピンコーナーでは旋回半径が予想よりかなり大きいし、切り返しはずっしり重いけど、逆に言えば安全に攻めてる感が味わえる。

兎に角、フロント周りが重々しく、スパッとセルフステアがついて、ゴロッと旋回する国産直4ネイキッドとは対局にあるハンドリング。まあ程度問題ではあるが、一般公道ではBMWの軽くて穏やかなハンドリングの方が扱いやすいと思う。あと、止まって支えてる時や、押し歩きも軽いしね。

ポジション/足つき/取り回し

大柄な車体やタンク周りのボリューム感の割に足つき性は良い。大体MT-09と同じくらいかな。これはBMWお得意のアンコ抜きのような日本仕様の超ローシートのお陰だが、その代わりクッション感が殆ど無い薄さと硬さだ。

と言っても問題は座面ではなく、シートの角がシャープなので足を下ろすと内股が痛いのだ。前方の角もシャープかつ、形状的にタンクとスムーズにつながらない(タンクのほうが凹んでいて段差が出来る) ので、ニーグリップしても内股に食い込んでくる。そんなこんなの総合作用により、1時間の試乗で珍しくお尻の穴ではなく脂肪に包まれたお尻の山が痛くなった(筋肉痛?)。

ポジションは、停止して跨った時の印象以上に、走ると上体が前傾して結構しんどかった。低いシートに対してハンドル位置は高めのはずだが、前方に遠めなのと幅が広くて腕が開いてしまうせいもあると思う。

また、前傾してる割には硬付近にかかる風圧が同じ速度に置けるPCXより大きい。これは飾りのようなPCXのスクリーンが多少効いてるか、F800Rのハンドル幅が広いからだと最初は考えた。しかし、PCXで上体を伏せ気味にすると、同じような風圧を感じたので、中途半端な前傾より上体が直立している方が風を受け流しやすいのかも(ちゃんとしたスクリーンがあれば別)。

総合評価

エンジンや車体のフィーリングは、2007年に乗った(もう8年前かあ^^;)F800Sを思い出した。基本構造は同じでフィーリング面もあまり変わってないように思えたが、F800Sは当時のインプレを読むとパワートレーンに細かな問題が色々あったようなので、今回それを感じなかったということは、F800Rは確実に進化しているのだろう。

ただ問題は個人的な体型とのマッチングで、上体はネイキッドなのにF800Sと大差ない前傾度に感じたし、せんべいシートの形状が色々と痛い。恐らくもっと大柄な(身長170cm以上くらいかな)ライダーを想定しているような気がする。以前のBMWのようにハンドルスイッチに指が届かないようなことは無かったが、シートの形状や硬さ的に本国仕様の標準シートが本来のバランスじゃないかと。

なので、僕のように体格と資金に余裕がないライダーは、格段に安くてコンパクトなMT-07の方が良いかなとなってしまう。一方、高身長・高収入なライダーはBMWならもっと上級モデルに行ってしまうかも。体型さえマッチすれば、気軽でスポーティーで実用的なバイクなのに、マーケティング的に微妙な立ち位置なため、マイナーな存在になってしまいそうな予感。まあそこが不人気車選びの僕としては共感できる部分ではあるのだが。

F800R に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]