バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

Swift sports (suzuki)

エンジン/ミッション

先ず非常に静かなエンジンである。アイドリングだと静かな環境じゃないと、エンジンが掛かってるのかどうか判りにくいほど。走りだしても、意識的に回転を上げない限り普通のコンパクトカーより静かだと思う。ノーマルスイフト(1.2CVT) もとても静かなクルマだったが、その印象はスポーツでも変わらない。無理にスポーティーなサウンドを演出していない上質さに好感が持てる。

久々のMTなのでギクシャクしがちだったが、それでもクラッチが非常に軽いので思ったほどしんどくなかった。パフォーマンスについては、兎に角トルクが素晴らしく豊か。喩えて言うなら、非常にトルクフルに感じた新型インプレッサの2L-CVTに勝るとも劣らない。帰りに自分のDRZ-400SMに乗った時、出だしの加速に物足りなさを感じる数少ないクルマ。

6速MTなので4速辺りまではショート気味のギア比なのかと思いきや、印象としてはどっちか言うとロング(まあ、久々の4輪のMTなので、2輪のMTの感覚で測っている可能性はあるが)。さほど流れの速くない街中なら4速までで充分。新御堂など流れが速めの幹線道路でも5速で充分。試しに6速に入れてみたら殆どアイドリングで走ってるような感じだった。これは素晴らしく静かで快適な高速クルージングが堪能できそう。

上がどれほど回るかは例によってほとんど試していないが、新御堂への合流しかも上りで若干回したら、もう充分な加速を得られた。

燃費の点ではハイオク仕様なのがネックだが、燃料消費率としては回して走る事が多い試乗車で11km/Lくらいになるそうで、普通に走れば13km/Lくらい行くだろうとの事。

ハンドリング/乗り心地

残念ながら、市街地での試乗(しかもディーラーマンが同乗)なので、ハンドリングが判るほどのコーナーリングは出来なかった。交差点を回った印象としては、クルクル曲がる感じのノーマルスイフトよりは安定志向だと思った。とは言え、回頭性が悪いとか頑固な特性では決してない。ステアリングの操舵力も適度で反力も自然。

サスペンションもノーマルより幾分引き締まってはいるものの、ゴツゴツ感や突き上げなどは感じられず、むしろ重厚でしなやかな乗り心地だった。「スポーツモデルにしては快適」とかじゃなく、普通の基準で良い乗り心地だと思う。

ただ、難点というほどではないが、サスを引き締めると相対的にボディーの剛性感が落ちるという理の通り、ノーマルで感じた剛性の高さは感じなかった。従って、スプラッシュのあの強固な剛性感にも及ばない。

居住性/装備/取り回しなど

ノーマルスイフトはシートバックの形状が背中にフィットせず居心地が悪かったが、スポーツのシートバックはもっとフラっとな感じで違和感は無かった。上着を脱いで乗ったにも関わらず、サイドのサポートは意外とタイトだった(僕が太ってるせいもあるが)。

また、僕のような短足がMT車に乗る場合、ハンドルとの距離を適切に調整したらクラッチが遠かった、というケースがありがちだが、このクルマでは問題なかった。座面の角度や前後長や形状も適当で違和感は無かった。

ただ、ウエストラインが高いせいで少し閉塞感がある。特に前ドアの後半から盛り上がる為、左斜め後ろの視界というか開放感に劣る。

ラゲッジスペースはノーマルと同じだが、普通のハッチバックの感覚からすると、床面も開口部もかなり高い。旧型と比べても高くなってるらしい。フィットハイブリッドと良い勝負かもしれない。

総合評価

スイフトスポーツを「ホットハッチ」と称する人が多いが、そうしたやんちゃさは全くないといって良い。むしろ、エコ重視でちょっと安っぽい最近のコンパクトカーの中にあって、異例に上質で大人びた味わいのクルマだと思う。

現行モデルになってからノーマルのスイフトは、高品位な車体に対してエンジンが余りにも非力だと書いたが、スポーツでようやく本来のバランスに達したという感じ。

ワインディングで乗っても勿論楽しいとは思うが、タイトなコーナーをヒラヒラとクリアするというタイプではなく、伊豆/箱根のような中高速ワインディングをビシッと走る感じ。そして上述のように、静かなエンジンと高いギヤ比、安定した車体と快適な乗り心地によって、高速クルーズが快適なクルマだと思う。

RSSフィードが正しく表示されない、ログインした状態でコメント出来ない等の不具合がありましたが、9/30に解消しました。未だ問題他にが有れば、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

Swift sports に関するコメント

ZRX_400

エンジンが1.2L+過給器で構成されていたら、尚、宜しかったと思うのです。

1.6Lの方が一般受けが良いのでしょうか。

MCタイチ

日本ではターボのイメージはよくないですね。ただ、どちらにせよ、スズキの規模では本格的な過給ダウンサイジングエンジンを開発するのは、コスト的に割りに合わないでしょう。また、欧州ですら、価格的にスイフトのライバルになるようなクルマは、大半がNAだと思います。

クルマの出来を見ると、やっぱりNAの方が良いかなと思ったり(^^ 問題になるとすればエンジン重量ですが、ノーマルと比較して特に鼻先が重い感じはしませんでした。もっともこれはMTの話なので、CVTだとどうなるかは判りません。

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]