バイクインプレNEO by MCタイチ

バイク(&クルマ)試乗インプレ

TOP(menu) RSS Google+

Juke (Nissan)

エンジン/ミッション

ティーダと同じ15LエンジンとCVTの組合せは、1445kgの車体にはちょっとしんどい。ゼロスタートや上り坂で普通に加速しようとすると、かなり回転数が上がってしまう。

変速モードがエコ・ノーマル・スポーツと3段階あるけど、そんなに細かく分けても違いが良くわからん。2段階で充分。

ちなみに、操作パネルでエアコンとドライブモードの切替があるのだが、液晶表示だけでなく、一見印刷されたようなスイッチの表示も完全に切り替わるので面白い。何だかグラスコクピットを思わせるこの方式は、インパネデザインの新潮流になるかも。

ハンドリング/乗り心地

車体に剛性感があり、ハンドリングは割とタイトでそこそこスポーティー。アンダーステアでもオーバーステアでもないナチュラルな旋回性。

乗り心地は細かいギャップなら問題ないが、マンホール大のギャップや路面のうねりに対しては、やや突き上げ感や揺すられ感がある。オプションの17インチホイール&215タイヤはやはりオーバーサイズ。

居住性/装備/取り回しなど

インパネやドアのラインに対して若干低めに座らされる感じ。シート座面を調節したら許容レベルだが、背もたれの角度が丁度良い位置でロックしない。多分、寝そべって手足を投げ出すようなポジションを狙ったのではないか?

ショールームに有ったエクストレールが、RVらしいアップライトなポジションに最初からなっていたのとは対照的。

ただし取り回しは良く、普通の5ナンバー車と同じ感覚で扱える(全幅は少し枠を超えているらしいが)。左右の目玉(?)が盛り上がっているので、車幅感覚が掴みやすい。

総合評価

この車が日産の予想に反して売れてる理由が判るような気がした。本格的なRVは大きく値段も高いが、Jukeには押し出しの強いスタイルとその割に良好な取り回し性、そしてティーダと大差ない価格がある。

どれもこれも四角い箱のようになってしまった今の車の中にあって、もう少し個性を求めるユーザがいてもおかしくない。だから後席の狭さを問題にする人は殆どいないという。

しかし裏を返せば、マッチョなスタイルとお手ごろ価格だけの車ともいえる。特にエンジンは車体に対して明らかに非力。運転してさほど面白くも快適でもない「狼の革を被った羊」。

まあ、縮小街道まっしぐらの日本市場にあって、一時的にせよ注目され売れたら御の字と言ったところだろうか?

RSSフィードが正しく表示されない、ログインした状態でコメント出来ない等の不具合がありましたが、9/30に解消しました。未だ問題他にが有れば、お手数ですがコンタクトフォームからご連絡ください。

Juke に関するコメント

コメントする

お名前:

コメント:

MCタイチが以前乗っていた黒い大型バイクは?(スパム対策)⇒

Facebookアカウントでコメント

最近のコメント[RSS]